相続税の増税対策を行なうにはどうするか【税と私達】

税理士提供のサービス

相続相談がトレンドです

正面を見る男性

ここ数年、横浜で営業している税理士が相続相談サービスを提供するケースが増えてきています。最近になって相続税法が改正され、以前であれば相続税を課税されなかった人たちも納税義務を負う可能性が高くなりました。法律の改正によって課税控除額が大幅に削減されたためなのですが、横浜は地価が高いので、他人事だと無視していられない人がたくさんいます。生前に何も節税対策を講じておかないと、自分が死んだ後で相続人が重い税負担を背負い込むことになってしまうため、税理士に相談して生きているうちから何らかの対策を講じておこうとする人が増えました。現実的なことを考えると、横浜の中心部にマイホームを持っている人が亡くなると、かなり高い確率で相続人に税金の支払い義務が生じます。そのため、横浜では税理士の相続相談サービスに対する需要がとても高くなっています。

税理士のサービスについて

一昔前までは、個人向けの税務相談サービスを提供している税理士はほとんどいませんでした。もちろん個人客相手に税務業務を提供しているケースが皆無だったわけではありませんが、富裕層向けの特別なサービスといったイメージが強かったため、ごく普通の人が気軽に税理士のサービスを利用できるような雰囲気ではありませんでした。また、ほとんどの税理士が、個人向けではなく法人向けの税務サービスのみを取り扱っていたのが実情です。その状況に変化が現れたのは今から10年ほど前のことです。税理士法が改正されて、税理士業界が完全な自由競争時代に突入しました。その結果、旧態依然とした営業を続けていたのでは事務所の経営を維持していくことが難しくなるケースが続出しました。事務所の経営危機から抜け出すために、これまではあまり見られなかった個人向けの税務相談サービスに力を入れる事務所が増えたというわけです。先程も述べた通り、現在では税理士の相続相談サービスが高い人気を集めています。